大谷翔平選手の記者会見についての疑問



なぜ肘を壊した状態で記者会見をするのか?
エンゼルスのGMは、オフは、日本に帰国せずにリハビリに専念すると会見で発言との矛盾があります。
来年の打撃フオームのが変化していくのか?
今年の春先に打撃フオームがフライングエルボーと足をあげた打法からヒールダウン打法に改善し、打率0285本塁打22本打点61の原動力になった打撃が来年から変えずに成績を残せていくのかが注目です。
大リーガーは、打撃フオーム変えたりしないので、来年大谷選手は日本人の固定観念を払拭できるのか焦点です。
まとめ
肘の怪我をした状態での記者会見をする矛盾。
来年打撃フオームを変えずに成績を残すことができるかどうか。


コメントをどうぞ





CAPTCHA





Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.