打撃不振の原因を解決するには

バッティングがうまくいかないとき、なぜかヒットが打てないとき、悩みの大小や長さはあるかもしれませんが、プロもアマチュアも関係なく通る道です。そのような時は、色々と手を出さずに、バッティングフォームのチェックをしましょう。

打撃不振の際はバッティングフォームを確認しよう!

打撃不振の際はバッティングフォームを確認しよう!

打撃不振で悩んでいると、「あの時のスイングはうまくいったからもう一度同じスイングを目指そう」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、不調だからこそいつも通りの練習を行いましょう。

スランプに陥った原因は、トップの位置やスタンスの広さ、スイングスピード、モーションのタイミングなど、様々なものが考えられますが、すべて少しの違い、微妙なものばかりです。打撃不振で悩みがある時だからこそ、いつものバッティングフォームとの違いを見つけるチャンスだと考えましょう。

抑えておくべきポイントは、スランプの原因になると挙げた上記の点に加えて、重心の移動、骨盤の角度や足の角度などです。徹底的に確認すればするほど、奥が深いことがわかりますし、練習時の目的意識も向上します。

もしもフォームが固定されていないなら、「ジャパン打撃フレーム」を利用して、安打につながるバッティングフォームを手に入れてください。

頭の中の整理も大切

頭の中の整理も大切

質の良い打球が打てているのにも関わらず、ヒットが出ないときは悪いイメージを払拭することが大切です。

テレビやインターネットを使って好調な人のバッティングを見たり、プロ野球選手の映像などを見たりして、ポジティブなイメージを持ちましょう。

打撃不振になると、自然と身体は縮こまり、思い切ったスイングができなくなってしまいます。そうなるとヒットを打つことも難しくなるので、まずは頭の中を良いイメージに変換させることから始めてみてください。

これができると自然と身体は動き、スムーズに身体を上手に使えるようになります。結果的にイメージトレーニングで打撃不振を脱した人も多いです。

監督・コーチのアドバイスを聞こう!

何度も試行錯誤してフォームを変え、調子が良かったときのフォームに戻してみても駄目なときはあります。

そんな時はコーチやチームメートのアドバイスを素直に聞き入れることも大切です。元々打撃が良かった選手というのは自分のバッティングに自信があり、人のアドバイスに耳を傾けようとしない選手が多いです。しかし、アドバイスをきっかけに打撃不振から抜け出す人も多いです。

監督やコーチ、そしてチームメートを素直に受け止めることによって、打撃不振の悩みから抜け出すことができることも多いでしょう。

野球を始めたばかりの方でもプロ並みの打ち方、理論が学べるのがバッティングマニュアル「ジャパン打撃フレーム」です。バッティングフォームにお悩みの方も、飛距離が出るように改善したい方もご利用いただけます。選手だけではなく、指導者である監督・コーチが読むと、客観的な観点から的確な指示ができるようになるはずです。しっかり読み込んでいただいて、スランプから抜け出すきっかけや、選手の活躍につなげていただければと思います。

東洋ベースボール企画では最新の打撃理論軸回転打法+フライボール革命を紹介しております。野球を初めての人でもわかりやすいプロ野球レベルのバッティングマニュアルを右打者用、左打者用でご用意しております。商品について疑問、質問でしたら、ぜひお問い合わせください。

打撃不振にお悩みなら

会社名 東洋ベースボール企画
英文表記 Orientalbaseballplanninq
代表者 高橋 悟
設立年月日 2015年11月2日
住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2-1
電話番号 090-7260-0580
FAX番号 0288-25-6727
事業内容 スポーツノウハウ出版事業
URL https://www.toyobaseballkikaku.com/



Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.