打撃不振の悩みを脱出するために必要な心理学的アプローチ

打撃不振を改善するには、身体を使った練習方法の他にも、心を鍛える方法があります。それがメンタルトレーニングです。

メンタルトレーニングとは、自分の心をコントロールする力のことで、スポーツのみならず、ビジネスの分野でも注目されています。どのようにメンタルトレーニングが必要なのかをご説明します。

メンタルトレーニングとは?その必要性について

メンタルトレーニングとは?その必要性について

メンタルトレーニングは、心をコントロールし、自分ができることに集中し、スポーツのパフォーマンスを向上させる役割が期待できます。つまり、すべてのパフォーマンスのベースとなっているのがメンタルだということです。

メンタルの上には、身体・技術・判断力などがあります。さらに言えば、戦術も当てはまるでしょう。そして、野球は、相手がいないと成り立たないスポーツであると同時に、一球一球の「間」が与えられたスポーツでもあります。

バッティング時の悩みで言えば、与えられた準備時間に「自分がコントロールできること」に集中し、ピッチャーが次何を投げるかを分析して、自分の行動に反映させることが大切です。また、野球はミスが起こるスポーツでもあります。ミスを引きずらないためにも心をトレーニングすることが大切です。

指導の仕方も重要

指導の仕方も重要

メンタルトレーニングの重要性をご紹介しましたが、それは練習時にも活かして欲しいものです。

例えば、フィジカルトレーニングで、体力的・精神的に苦しい練習を積ませるとしましょう。その時、適切な目標設定や心をコントロールする力がないと、メンタルだけではなく、無理をさせてしまい、ケガの原因にもなりかねません。

この目標(練習量)であることの必要性を説き、それをこなせる心や心をコントロールする力を養うのです。一朝一夕にできるものではないですが、気合や根性といった一昔前の指導では到達できない、能動性を引き起こします。そして、指導者ではなく、自分で設定した目標へと切り替わるとき、自分の心をコントロールする大切さを知るでしょう。それは、野球以外の人生の分野でも役に立つはずです。

打撃不振にお悩みの方、野球の指導者で、選手を不振から脱出させたいと願っている方は、東洋ベースボール企画の「ジャパン打撃フレーム」をご活用ください。右打者用と左打者用のマニュアルをご用意していますので、指導者と選手で打ち方が違う場合も心配ありません。こまかい部分まで説明があるので、指導できる内容もこまかくなりますし、技術面の目標設定は繊細なところまで落とし込むことができます。打撃不振から抜け出したい方、スランプでお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

打撃不振にお悩みなら

会社名 東洋ベースボール企画
英文表記 Orientalbaseballplanninq
代表者 高橋 悟
設立年月日 2015年11月2日
住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2-1
電話番号 090-7260-0580
FAX番号 0288-25-6727
事業内容 スポーツノウハウ出版事業
URL https://www.toyobaseballkikaku.com/



Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.