打撃フォーム修正のために押さえておきたい右打者・左打者の特徴

野球の打撃フォームを修正するためには、まず打ち方の基本を押さえます。そして、右打者・左打者それぞれの特徴をよく捉えて修正していきます。

打撃フォーム修正の前に!打ち方の基本

打撃フォーム修正の前に!打ち方の基本

まず、構えには基本形というものがないことから自由にしていいですが、トップの形は手を頭の後ろ、肘と肩は平行もしくはやや高くなるようにするのが基本です。

そして、スイングの動作では身体の中心軸がぶれないようにします。腕を伸ばした状態では強い力で球を打つことできないので、インパクトの瞬間には肘を少し曲げてボールを捉えることがポイントです。

右打者の打撃フォーム修正ポイント~ライト方向に強い打球を打つ~

右打者の打撃フォーム修正ポイント~ライト方向に強い打球を打つ~

右打者の場合、打球方向は圧倒的にレフト方向が多くなります。

レフト方向には強い打球を打つことができますが、初めからライト方向に強い打球を打てる人は少なく、一般的には流し打ちになります。そのため、右打者で初めからライト方向に強い打球が打てる人は、打撃術があると評価されるのです。

では、ライト方向に強い球を打つためにはどうすればいいのか。それは、インサイドアウトを意識して、右肘をしっかりしめることです。それから、通常のスタンスから捕手方向に右足を少し開くと身体がライト方向に向くため、ライト方向に打球が打てるようになるはずです。

左打者の打撃フォーム修正ポイント~飛距離を伸ばす~

左打者の場合、右利きだけど左打者に矯正されたという方がいます。そうした右利きで左打ちの方は単純に、左利きで左打ち、右利きで右打ちの方よりも飛距離が伸びにくいです。

では、飛距離を伸ばすためにはどうすればいいのか。

ポイントは、左手の押し込みです。そのためには、軸足の膝を内側に入れて太ももの裏を使い、前に押し込むようにスイングします。押し込んだら手首は返さないようにしましょう。このコツさえつかめば飛距離を伸ばすことができるようになり、自分自身、そしてチームの武器になるはずです。

打撃フォームを修正するには、その理論を理解して実践することが大切です。東洋ベースボール企画では、打撃理論や打撃フォームを解決するマニュアル「ジャパン打撃フレーム」を販売しています。野球初心者の方でもわかるように、バッティングを上達させるための方法や最新知識を紹介しています。右打者・左打者それぞれ専用のマニュアルをご用意していますので、野球の技術力や指導力向上にお役立てください。

打撃フォーム修正を叶える野球のバッティングマニュアル

会社名 東洋ベースボール企画
英文表記 Orientalbaseballplanninq
代表者 高橋 悟
設立年月日 2015年11月2日
住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2-1
電話番号 090-7260-0580
FAX番号 0288-25-6727
事業内容 スポーツノウハウ出版事業
URL https://www.toyobaseballkikaku.com/



Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.