野球の打撃ノウハウはここに凝縮!

打撃を改善するには、バッティングの練習を重ねることが大切です。しかし、正しい改善の知識を手に入れて練習しましょう。

打撃ノウハウはここにある!

打撃ノウハウはここにある!

プロ野球の試合を見ているとそれほど筋肉質ではない方であってもボールを遠くに飛ばしていることが多くあります。それは打撃ノウハウが身についているからです。

バットの硬さとボールの勢いを上手く生かせばそれほど強く振らなくてもボールを遠くへと飛ばすことが出来ます。

そのためのポイントは姿勢、インパクト、振った後の状態の三つに注目しておくことをおすすめします。この三つを押さえておくことによって大人になってからでもバッティングの技術を高めることは可能です。

ホームランやクリーンヒットを連発したいという方はぜひともこの仕組みを覚えておくと役立つかもしれません。

バッティングの際の姿勢について

バッティングをするときにはそれぞれのフォームがあるので一概にこうすれば良いということはありません。しかし、共通していえることもあります。

それは前のめりにならないことです。

バッティングの際に前のめりになってしまうと体が覆いかぶさるような形になり、打球が高く上がらなくなる可能性があります。

強く打とうとすると姿勢が乱れてしまうケースも多いですが、打球を飛ばすには姿勢を崩さないことが重要です。しっかりと振れていれば重心をあまり動かさなくても鋭く強い打球を飛ばすことが出来ます。

これはわかりやすいポイントでパワーヒッターほど良い姿勢で打っています。

インパクトとそのあとについて

インパクトとそのあとについて

インパクトの際には大きな衝撃が腕に伝わります。

作用と反作用の関係からするとこのインパクトの際の衝撃が大きければ大きいほど強い打球を飛ばすことができる可能性があります。

作用と反作用は完全に反対の方向に発生するのでまっすぐに振ることが大切です。

打った後も最後まで振り抜くイメージを持っていると打ちやすくなります。

ただし、内野安打などを狙う場合には打った後にすぐ走り出す必要があります。長打を狙うときと単打を狙うときの違いはここにあります。プロであればインパクトの感覚で打った後の状態を調整することが出来ますが、慣れないうちはどちらかに決めて打つことをおすすめします。

もっと詳しい野球の打撃ノウハウを知りたい方は、東洋ベースボール企画のサービスの「ジャパン打撃フレーム」をご利用ください。打撃ノウハウが詰まった参考書のようなもので、右打者用・左打者用の種類をご用意しています。

野球の打撃ノウハウを知りたい方は

会社名 東洋ベースボール企画
英文表記 Orientalbaseballplanninq
代表者 高橋 悟
設立年月日 2015年11月2日
住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2-1
電話番号 090-7260-0580
FAX番号 0288-25-6727
事業内容 スポーツノウハウ出版事業
URL https://www.toyobaseballkikaku.com/



Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.