野球が上手くなるために重要なのは真似をすること

野球のバッティングやピッチングが上手になりたければ、とことん一流の真似をしましょう。しかし、ただ真似するだけではなく、自己流にアレンジすることが大切です。

その時に重要なあることをご紹介します。

リラックスしながら打席に立つ

リラックスしながら打席に立つ

野球で重要なことは、まずは一流の選手と同じように動くことです。打撃ノウハウだけではなく、何に関しても同じですが、真似をすることによってほんとの部分が見えてきます。

しかしながら、すべてを真似することができるわけではなく、まして自分と違うタイプの違う選手の場合にはあまり真似しても参考になりません。

つまり、単純に表面だけを真似していてもあまり意味がないことがわかります。

そこで、選手の真似をするにしても自分流に改造しなければなりませんが、その時重要なのはリラックスをすることです。その選手なりのリラックスの方法があり、それがうまくいかについてきたが野球でもしっかりとした結果を出すことができるようになるでしょう。

柔軟に投げることが重要

柔軟に投げることが重要

投手は野球の中でも非常に中心的な存在と言っても過言ではありませんが、やはりそれなりにしっかりとした身体使いをしていないと打たれる投手になってしまいます。

これを防ぐためには、柔軟に投げることが重要になります。可能なかぎり身体をやわらかくすることにより力を入れ過ぎずに投球するのがポイントです。

そして、腕を振り抜きましょう。球速やキレのあるボールを投げるには、腕を振り抜き、反動で自然と帰ってくるくらいの投げ方を意識してみてください。

バットを構えるときには脇をあける

バットを構えるときは力んでしまいがちですが、あえて余裕を持ってバットを握る必要があります。

その方法の一つが、脇の下をあけることです。緊張していると人間はどうしても力が入ってしまい、脇が閉じてしまう傾向がありますが、そのやり方だと三振やゴロになる可能性が高いです。

そこで、脇をあけてうまく力を逃がすようにすることで球を上手にとらえることが可能になります。しかも、そこまで強い力を使わなくてもヒットやホームランを出すことができるため魅力的な方法です。 もちろん、自分にとってほどよい感じで腋の下をあけることが大事になるといえるでしょう。

野球選手としてホームランを放つ打撃ノウハウを知りたい、指導者・コーチとして練習で活用できる打撃ノウハウを知りたい、そのどちらの願いも東洋ベースボール企画なら叶えることができます。理論的、そして具体的に打撃の改善ポイントが見つけられるはずです。正しい打ち方を学んで、プロを真似る。この二刀流の方法で上達を目指しましょう。

野球の打撃ノウハウを知りたい方は

会社名 東洋ベースボール企画
英文表記 Orientalbaseballplanninq
代表者 高橋 悟
設立年月日 2015年11月2日
住所 〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2-1
電話番号 090-7260-0580
FAX番号 0288-25-6727
事業内容 スポーツノウハウ出版事業
URL https://www.toyobaseballkikaku.com/



Copyright(C) 東洋ベースボール企画. All Rights Reserved.